• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2017.02.04

家族がインフルエンザにかかったら、ピリピリ鬼嫁にならないために 

1月2月はインフルエンザが流行する時期。

 

「家族のだれかが、インフルエンザにかかったら、どうしていますか?」

 

マスクをする、換気をする、部屋を分けて生活する、子どもの場合は学校に連絡するなど、一般的ですが、その他はどうでしょう?

 

この投稿では、「私が行っている自然療法ケア」と「もし、私が自然療法を学んでいなかったら!」ということを書いてみます。

 

まず、ケアについて。

 

私の場合は、シンプルで心地よい自然療法ケアを1日2回、2〜3種行います。

 

使う時間は1回に15分から30分くらい。

 

具体的には、私の<三種の神器>でもあるアロマセラピーとディエンチャン、ブレインジムによるファミリーケアを。

 

目的は、環境設定とメンタル面でのケア。

 

 

精油の芳香分子を部屋に拡散させることや、いたい、つらい、だるい、というような心身の悩みに働きかけること。

 

それから、やっぱり、最重要<家族それぞれのメンタル面>整えること。

 

家族のだれかが、つらそうなとき、

 

「うん。。。。あー、いい香りがきた。。。。」

 

とか、

 

「あーっすこし、ラクななった、気がする。。。。(笑、これだけでもいいんですよ☆)」

 

そんな声が聞こえます。

 

いたい・つらい・だるい、という大変なときも、少しでもらくになったら。

 

外では皆、がんばっているんだから。家ではのびのびして、緊張感がないように。。。。

 

こんなときに、自然療法は効果という点でも、安全面という点でも、

何より、人と人のつながり、コミュニケーションという点で、とくに威力を発揮します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

次に「もし、、、自然療法を学んでいなかったら、、、」ということですが、

 

それは、

 

不安たっぷり<パニック嫁>とか、

 

「ちょっと〜!!!」という<ピリピリ鬼嫁>になっているのではないかということ(#^^#)

 

 

きっと、こうだったと思います。

 

「えーーえーーー!!インフルエンザ、、、、、なんでよ~〜」

 

とか、

 

「仕事は休めないし!うつったら、やばすぎ〜〜!」みたいなオーラがでて、看病、愛情うんぬんではなく。。。。

 

以前は、行動も人づきあいも緊張しやすかった私。

 

マザーテレサのように愛情たっぷり「人のために」というの、実は憧れがあったんですよね。

 

ただ、自分に余裕がないと、でてくるもんではないし。

 

幸運なことに、縁があって自然療法やブレインジムに出会い、ずいぶん様子がかわってきました。

 

マザーテレサとはいきませんが(笑)、家の中の環境を整えて、ときに、笑えるようなことをして、

 

病気のときの暗い感じや緊張を楽にしています。

 

穏やかインテリ系の夫からも、オリジナル強い息子からも「よしこさん(お母さん)って、面白いね」言ってもらえるので、<明るく元気なお嫁さん>になっているよう。

 

「あー、自然療法をしっていて、実践していて、よかった〜」と、実感します。

 

インフルエンザ、1月の初めに夫がかかり、過去にも息子と夫が何回かかかりましたが、

 

「やることを丁寧にして、あとは、リラックスして動く、待つ」

 

を、大切にしています。

 

 

********************************************************

「大切な人を、大切にするための、時間と行動をとっていますか?」

 

今年から、20年間のスクール歴史をもとに満を持してスタートした、どなたでも参加できるコース。

国内外のクリニックや病院、教育・福祉分野での経験を通して、知識と実践に加えて、もっとも大切なその「心」をお伝えしています。

 

★「大切な人のために学ぶ」3Dayコース開講 ★

 

大切な人のために学ぶアロマセラピー

大切な人のために学ぶリフレクソロジー

大切な人のために学ぶリラックス脳

 

 

************************************************************

このブログは、毎週2回更新予定です。(火曜&金曜日が予定日)

 

 

自然療法の国際総合学院IMSI、スクールの日々の様子は、下記にてお伝えしていきます。

IMSI公式ブログ OUR CAMPUS http://welcome-to-imsi

IMSIFacebook: https://www.facebook.com/imsi.school/

 

************************************************************

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.