嵯峨副学院長のブログ

2022.06.27

「触覚過敏に原始反射って、いいんですか?」

個人セッションや原始反射のセミナーをしていると、「触覚過敏があるんですが、原始反射と関係ありますか?」

とか、「原始反射でよくなりますか?」という質問をよく受けます。

日頃、「はい。改善されることが多いので、試してみる価値があると思います」とお話して、ワークを提案していますが、このブログでは、追加で書いてみたいと思います。

触覚過敏のお悩みを、具体的に伺ってみると

・服のタグや縫い目などが肌に直接ふれると不快になる。(⇒子どもの場合は、キーキーと機嫌が悪くなる)

・服を着たときの「チクチク」が気持ち悪い。(⇒セーターが着られない、タートルが苦手)

・ある素材を着たときの肌触りが不快で、その素材の服を着ることができない。

・手に汚れがつく、皮膚が濡れるなどを極端に嫌う。(他:潔癖症かと心配になるも!)

・人から触られることに抵抗感がある。

・手をつなぐ、握手、ハグ、スキンシップなどが苦手。(他:それが嫌で学校に行きたくない、仕事に集中できない)

・整体やマッサージをうけても、心地よく感じず、かえって緊張してしまう。

・ざらざらしたコップなどを、肌触りが気持ち悪く、持つことができない(他:みなと同じ道具をもって、作業ができない)

などのお話をお聞きします。

このように皮膚に何かが触れることでの「不快さ」が、日常生活に支障をきたすほどになると、「触覚過敏」と言われ、お困り感が増えてきます。

「触覚過敏」は感覚過敏のひとつで、皮膚への些細な刺激であっても、刺激に対する感覚を脳が大きく受け取ってしまっている、または過度に敏感に受け止めてしまっている状態です。

このような状況では感覚の統合がスムーズに促されず、その人の脳と身体の間で、触覚刺激の情報統合がスムーズにできていないのです。


【触覚過敏と原始反射の残存】

原始反射とは、胎児から生後9か月くらいまでにみられる本能的な身体の動き(反射)のことで、人生で最も初期の身体の発達を支えています。また、この時期には、その後、何年もかけて発達する「触覚を含む様々な感覚」の統合もはじまっています。

このような関係から、触覚過敏で必要な感覚の成長に「原始反射の統合」が影響していると考えるのは、自然なことでしょう。

実際に、触覚過敏がある方へ、原始反射の確認をしてみると、子どもでも、大人でも原始反射が残っている(統合不足)ケースが多くあります。


【触覚過敏があるときには、どの原始反射に働きかければよいか?】

次の投稿に続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMSIの体験会・オープンキャンパス(無料、ご予約制)

原始反射統合(毎月開催 オンライン・通学)

・ブレインジム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原始反射1DAYセミナー(入門編)

脳と身体のための原始反射コース 6日間

パーソナルセッションのご案内



IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ