コース/講座紹介 英国IFPAアロマセラピー

HSPとアロマセラピー

申し込み受付中
HSPとアロマセラピー
申し込み受付中

HSPとアロマセラピー

繊細さや感覚過敏を持つ人が、HSPの特性を抱きしめ、受け入れ、より充実した人生に自分を導くためのアロマセラピー

  • 通学
  • 国際コース
  • 海外講師
  • 仕事にしたい
  • 初心者OK
  • メディカル
  • 専門性アップ
  • 家族のケア
  • セルフケア
  • 高齢者のために
  • 子どものために
  • ボランティア
  • スポーツ選手のために
  • 修了証
  • CPDカテゴリーA

取得できる修了証

Essentia Noblisよりコース修了書授与

受講時間

計6時間 (1回)

受講料

38,500円(税込)

※3日間セット割引
2024年3月16日(土)の「ポリヴェーガル理論とアロマセラピーで行うセルフ・プロテクション」、3月17日(日)「ボディマッピング・セラピー」、3月18日(月)「HSPとアロマセラピー」を3日間通しで参加される方の特別価格は105,600円(税込)です。

この講座の特徴

  • 心理学・精神医学の現場でアロマセラピーを活用する世界的第一人者による初来日ワークショップ
  • 家族や身近な人に対して手軽に行うことができるシンプルながら効果的なアロマセラピーのテクニックを学びます
  • 療育や教育、心理の専門家、医療従事者にとっては、すぐに仕事に活用することが可能な知識と技術を学びます
  • アロマセラピストの方は、HSP、それに伴う生きづらさをお持ちの方へのケア方法を知ることで、仕事や活動の幅が広がります
  • 海外の統合医療や補完療法事情、メディカルアロマセラピー事情に興味がある方にも最適です
  • HSPのみならず、睡眠の問題、ストレス、情緒や感情の問題など、心や精神面の悩みにも役立つアロマセラピーを学びます

講座の概略

HSPとは、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で、「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味です。これは、米国のエレイン・N・アーロン博士が提唱した心理学的概念で、視覚や聴覚などの感覚が敏感で、外部からの刺激を受けやすいという特徴を持っています。

HSPは障害や症状ではなく、性格的な単なる「特性」に過ぎません。HSPはその特性を受け入れ、周りとの健全なバウンダリー(境界線)を築くことで、過度なストレスや刺激を和らげ、積極的なポジティブさを高めることが可能になります。そのために役立つのが、アロマセラピーです。

HSPの人は、感覚が敏感なだけに、美しいものを美しいと思うこと、美味しいものを美味しいと思うことにも長けています。心地よい香りを感じるアロマセラピーも、精油の選択や適切な希釈など少しの工夫をすることで、HSPの長所や能力を活かしながら、より充実し、バランスの取れた人生を送るための「楽しいツール」となるのです。

この1Dayセミナーでは、オランダの心理学者ジョナサン・ベナビデスが、実際にHSPに活用しているアロマセラピーと心理学的の効果的な手法を伝授します。HSP自身、HSPである家族や友人をサポートしたい方、またはHSPであるクライアントをサポートしたいセラピストや医療従事者にとって役立つスキルが得られるでしょう。

講座概要

受講時間

計6時間 (1回)

受講料

38,500円(税込)

※3日間セット割引
2024年3月16日(土)の「ポリヴェーガル理論とアロマセラピーで行うセルフ・プロテクション」、3月17日(日)「ボディマッピング・セラピー」、3月18日(月)「HSPとアロマセラピー」を3日間通しで参加される方の特別価格は105,600円(税込)です。

持ち物

筆記用具

開催場所

東京都内(渋谷区近郊を予定しています。会場が決まり次第ご案内します)

Googleマップで見る

その他

この講座には通訳が付きます。
対面のセミナーです(オンラインではありません)。
参加者には、ジョナサン・ベナビデスがHSPに実際に使用している3種のブレンドオイル(Calm, Inner peace, Balance)のお土産が付きます。

講座日程

2024年3月18日(月)

時間:10:00-17:00

2024年3月16日(土)、3月17日(日)、3月18日(月)3日間セット

2024年3月16日(土)、3月17日(日)、3月18日(月)

時間:10:00-17:00

講座詳細

  • HSPの特性
  • アロマがどのようにHSPに役立つか
  • HSPに対するアロマセラピーの活用方法
  • 自然から着想を得た回想録
  • HSPへのアロマセラピーのプロトコルと安全性
  • 注意事項と禁忌事項
  • アロマセラピーを使ったマインドフルネスの実践

このような方に
おすすめです

  • HSP、感覚過敏、睡眠の問題、情緒不安定などの問題に関わる方やそのご家族
  • HSP自身やそのような家族や友人をサポートしたい方
  • 医療、福祉、療育(放課後等デイサービス、児童発達支援、療育センター)、教育など、人のケアに携わっている方
  • アロマセラピスト、セラピスト、ボディワーカーなどで、HSPへの理解を深め、仕事や活動の場を広げたい方
  • オランダの心理学者が現場で実際に行っている心理学とアロマセラピーの手法を学びたい方
  • 医療現場におけるアロマセラピーの可能性を深く学びたい方
  • 海外の統合医療や補完療法事情、メディカルアロマセラピーに興味がある方

講師紹介

特別講師

ジョナサン・べナビデス

オランダの心理学者ジョナサン・ベナビデス
特別講師

ジョナサン・べナビデス

心理学の領域でのアロマセラピーの世界的な第一人者で、臨床家でありながら、研究者で教育者。オランダのライデン大学精神科小児センターでうつ、トラウマ、発達障がい、自閉症、コミュニケーション障がいを持つ方へのケアに携わっていた際、五感を活用するさまざまな療法を試したところ、アロマセラピーが最も効果的であるということと気付く。イギリスでIFPAのアロマセラピーを学び、現在は「孤独を癒す専門家」として、アロマセラピーやタッチケアと心理療法を融合させ、ターミナルケアや緩和ケアなど医療・福祉・介護の領域でも活動中。

自閉症を持つ人と家族を丸ごとケアする「リコネクティング」、ADHDを持つ人を落ち着かせ、集中させる「リフォーカシング」、うつ状態にある人を水面に浮上させる「サーフェシング」、医療や介護の現場で活用する痛みの緩和ケア「HEARTS」など、そのシンプルながら即効性のあるアロマセラピーのメソッドは、世界中で高く評価され、さまざまな現場で取り入れられている。

精油会社のオーナーでもあり、植物と人とを繋げる様々な活動も行っている。著書に『“Rest on me, breathe”, Emotional Palliative care』がある。

アクセス

[ 住所 ]

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-13-17-A

[ 交通 ]

  • 東京メトロ副都心線「明治神宮外苑駅」5番出口より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩5分
  • JR山手線「原宿駅」より徒歩10分

講座日程

2024年3月18日(月)

時間:10:00-17:00

2024年3月16日(土)、3月17日(日)、3月18日(月)3日間セット

2024年3月16日(土)、3月17日(日)、3月18日(月)

時間:10:00-17:00

英国IFPAアロマセラピー
の他の講座

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

LINEでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234
ページトップ